5月1日、FRB声明=FF金利、5.25~5.50%に据え置く 2024年05月02日 07時44分

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、4月30日、5月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)において決定した金融政策について声明を発表しました。

  • フェデラルファンド金利の目標レンジを5.25~5.50%に据え置くことを決定
  • インフレ率が持続的に2%に向かっているとの確信できるまでFF金利を引き下げることは適切ではない
  • 6月から、財務省証券の月間償還上限額を600億ドルから250億ドルに引き下げる

FOMC声明文(全文) 2024年5月1 日14時(米東部時間)発表

[日本語訳 ゴールデンチャート社]

 最近の経済指標によると、経済活動は堅調なペースで拡大を続けています。雇用の増加は力強く、失業率は低水準で推移しています。インフレ率はこの1年で緩和しましたが、依然高水準にあります。ここ数ヶ月は当委員会のインフレ目標2%に向けた進展が見られません。

 当委員会は、長期的な視野に立って「最大雇用」とインフレ率2%を達成することを目指しています。当委員会は、雇用とインフレの目標達成に向けたリスクは、この1年でよりバランスのとれた状況に向かっていると判断しています。経済見通しは不透明であり、当委員会は引き続きインフレリスクに細心の注意を払っています。

 当委員会は、その目標を達成するためフェデラルファンド金利(FF金利)の目標レンジを5.25〜5.50%に維持することを決定しました。FF金利の目標レンジの調整を検討する際、当委員会は入ってくるデータ、進展する見通し、および、リスクのバランスを注意深く評価します。当委員会は、インフレ率が持続的に2%に向かっているとの確信が深まるまで、目標レンジを引き下げることは適切ではないと考えています。さらに当委員会は、財務省証券、政府機関債および政府系不動産住宅担保証券の保有残高の削減を継続します。当委員会は6月から、財務省証券の月間償還上限額を600億ドルから250億ドルに引き下げることで、保有証券の減少ペースを緩めます。当委員会は、政府機関債および政府系不動産担保証券の月間償還上限を350億ドルに維持し、この上限を超える元本支払額を財務省証券に再投資します。当委員会は、インフレ率を目標の2%に戻すことに重い責任を託されています。

 金融政策の適切なスタンスを評価する上で、当委員会は引き続き、経済見通しに関する情報が与える影響を注視します。当委員会は、当委員会の目標達成を妨げる可能性のあるリスクが出現した場合、金融政策のスタンスを適切に調整する用意があります。当委員会の評価は、労働市場の状況、インフレ圧力とインフレ期待、金融および国際情勢に関する見通しなど、幅広い情報を考慮に入れます。

 金融政策決定に賛成したのは、ジェローム・H・パウエル議長、ジョン・C・ウィリアムズ副議長、トーマス・I・バーキン、マイケル・S・バー、ラファエル・W・ボスティック、ミシェル・W・ボウマン、リサ・D・クック、メアリー・C・デイリー、フィリップ・N・ジェファーソン、アドリアナ・D・クグラー、ロレッタ・J・メスター、クリストファー・J・ウォラーの各氏でした。

■関連記事

前回(3月20日)FRB声明
インフレ低下、予想より時間がかかりそう=パウエル議長FOMC記者会見スピーチ

■関連情報(外部サイト)

FRB声明(原文)