470WTI

2023/2/1

76.41
-2.46 -3.11%

〔NY石油〕WTI反落、76.41ドル(1日) 2023年02月02日 05時26分

 【ニューヨーク時事】1日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米エネルギー情報局(EIA)の在庫統計で在庫が市場予想を大きく上回ったことを受けて、反落した。米国産標準油種WTI中心限月3月物の清算値(終値に相当)は前日比2.46ドル(3.12%)安の1バレル=76.41ドルだった。4月物は2.44ドル安の76.73ドル。
 EIAが1日午前に発表した週間在庫統計では、原油在庫が前週比410万バレル増と6週連続で増加。市場予想(40万バレル増=ロイター通信調べ)を大幅に上回った。ガソリン在庫も260万バレル増と、市場予想(130万バレル減)に反して増加した。統計を受けてエネルギー需給の逼迫(ひっぱく)懸念が和らぎ、売りが優勢となった。
 米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日の午後、前日から開いていた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、0.25%の利上げを決定。利上げ幅は前回の0.5%から縮小した。対ユーロでドル安が進み、清算値の算出直前には買い戻しの動きもあった。
 ▽ガソリン=反落。中心限月3月物の清算値は11.30セント安の1ガロン=245.38セント。
 ▽ヒーティングオイル=反落。3月物の清算値は19.37セント安の1ガロン=295.11セント。