ウィンドウズに対話型AI=「コパイロット」、6月から試験版―米MS 2023年05月24日 05時30分

米マイクロソフトのロゴマーク(AFP時事)
米マイクロソフトのロゴマーク(AFP時事)

 【シリコンバレー時事】米マイクロソフト(MS)は23日、パソコン向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」に、対話型人工知能(AI)「コパイロット」を搭載すると発表した。デスクトップ画面の右に表示されるチャット欄に指示を入力するだけで、検索機能やさまざまなアプリを使えるようになる。
 ナデラ最高経営責任者(CEO)は23日、開発者会議で「すべてのウィンドウズの舞台に、コパイロットを提供する」と語った。6月から試験版を展開する。パソコン操作の中心が、これまでのマウス利用から短文入力に移る可能性がある。
 デモ映像では、画面表示をチャット欄への指示入力で変更する様子を公開。プレゼンテーション資料の要約といった用途も披露した。外部アプリにAIを連携させられる「プラグイン」の機能も用意し、利用の幅を広げた。 

米国シリコンバレーニュース(最新10件)