米加州、豪雨長期化で死者19人=被害額4兆円超 2023年01月17日 09時18分

洪水により水没した住宅=13日、米カリフォルニア州サリナス(AFP時事)
洪水により水没した住宅=13日、米カリフォルニア州サリナス(AFP時事)

 【シリコンバレー時事】米メディアは16日、カリフォルニア州を約3週間断続的に襲った豪雨による死者が、少なくとも19人に上ったと報じた。家屋やインフラにも深刻な被害が生じ、米気象予報会社アキュウェザーによると、被害額は310億ドル(約4兆円)を超えるとみられる。
 豪雨は昨年12月下旬以降、カリフォルニア州の広範囲で発生。水蒸気が継続的に流れ込む「大気の川」と呼ばれる現象により、長期化した。洪水や土砂崩れなどで、多くの地域住民が避難を余儀なくされ、停電も起きた。 

その他の写真

豪雨の影響で倒れた大木を撤去する作業員ら=15日、米カリフォルニア州ロサンゼルス(EPA時事)
豪雨の影響で倒れた大木を撤去する作業員ら=15日、米カリフォルニア州ロサンゼルス(EPA時事)

米国シリコンバレーニュース(最新10件)