TikTok、記者のデータ不正収集=情報源追跡狙う、担当者解雇 2022年12月23日 14時47分

TikTokのロゴマーク(AFP時事)
TikTokのロゴマーク(AFP時事)

 【シリコンバレー時事】中国系短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」運営会社の従業員が、複数の記者の個人情報を不正に収集していたことが22日、明らかになった。米メディアが報じた。報道の情報源を追跡するのが狙いで、同社は調査の結果、「一部従業員による不正」があったとして、関与した社内監視チームの担当者らを解雇した。
 米誌フォーブスは10月、運営会社が中国の拠点から記者を監視していると報道。同社は、米国政府やジャーナリストを標的にしていないと説明したが、実際には不正が行われていた。
 収集していたのはIPアドレス(インターネット上の住所)。地域などを割り出し、従業員との接触の有無を調べようとしていた。対象となったのは、フォーブスと英紙フィナンシャル・タイムズの記者だった。 

米国シリコンバレーニュース(最新10件)