アプリ決済、他社も可能に=手数料、日本でも低く―米グーグル 2022年09月03日 06時48分

米グーグルが提供するスマホアプリ配信サービス「グーグルプレイ」のアプリアイコン=4月(AFP時事)
米グーグルが提供するスマホアプリ配信サービス「グーグルプレイ」のアプリアイコン=4月(AFP時事)

 【シリコンバレー時事】米グーグルは2日までに、スマートフォン向けのアプリを通じ、自社以外の決済サービスが使える新たな仕組みを日本やインドなどで導入した。アプリ開発者に課す手数料を通常より低く設定しており、アプリの値下げにつながる可能性もある。
 グーグルはこれまで、基本ソフト(OS)「アンドロイド」に対応したアプリで使える決済サービスを自社のものに限定していた。各国当局が競争促進の観点から、利用者の「囲い込み」に対する規制に動く中、方針転換を迫られた形だ。
 グーグルは、アプリ開発者を対象とした「試験プログラム」の利用申請受け付けを1日から始めた。グーグルはアプリ開発者から徴収する手数料について、年間収益に応じて15%と30%の二つに区分しているが、消費者がクレジットカードなどグーグル以外の決済サービスを使った場合、それぞれ11%と26%に引き下げる。
 ただ、当面は課金サービスの利用者が最も多いゲームアプリを除外。「ドル箱」となっているこうしたアプリについて、囲い込みを緩めるかが今後の焦点になる。 

米国シリコンバレーニュース(最新10件)