トランプ氏SNS、配信認めず=投稿管理の改善条件―米グーグル 2022年08月31日 08時56分

グーグルのロゴマーク(同社ホームページより)
グーグルのロゴマーク(同社ホームページより)

 【シリコンバレー時事】米グーグルが、トランプ前大統領のインターネット交流サイト(SNS)「トゥルース・ソーシャル」アプリについて現状では配信を認められないと判断していることが30日、明らかになった。文章や画像などを管理する仕組みが不十分として、運営会社に改善を求めている。
 グーグルは「複数の規則違反を通知し、投稿管理の効果的なシステムの保有が条件であるとも再度説明した」とコメント。「先週、運営会社が問題に取り組んでいると返信してきた」と説明した。一方、米メディアによると、運営会社幹部は「承認はグーグル次第」と異なる見解を示している。
 トランプ氏は昨年1月の連邦議会襲撃をあおったとして、ツイッターのアカウントを凍結された。約8800万人のフォロワーを失い、代替手段として2月から米アップルのアプリストアで独自SNSの提供を始めた。ただ、フォロワーはまだ400万人弱だ。 

米国シリコンバレーニュース(最新10件)