米FB、「メタ」に社名変更=仮想空間事業に転換―安全対策を重視 2021年10月29日 04時25分

米フェイスブックから「メタ」への社名変更に伴って本社前に掲示されたロゴマーク=28日、米カリフォルニア州メンロパーク(AFP時事)
米フェイスブックから「メタ」への社名変更に伴って本社前に掲示されたロゴマーク=28日、米カリフォルニア州メンロパーク(AFP時事)

 【シリコンバレー時事】インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(FB)は28日、社名を「Meta(メタ)」に変更したと発表した。SNS運営への逆風が強まる中、今後の成長が見込まれる「メタバース」と呼ばれる仮想空間の開発を中核事業に据える姿勢を明確にする狙い。
 ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は同日のイベントで「私たちの活動の幅広さと、築き上げたい未来を反映した」と説明した。SNS運営に対する世論や米議会の厳しい批判が相次ぐ中、仮想空間の開発ではプライバシー保護や安全対策を重視する考えを強調した。 

その他の写真

米メタ(旧フェイスブック)が開発する仮想空間「メタバース」のイメージ図=28日、メタ提供(EPA時事)
米メタ(旧フェイスブック)が開発する仮想空間「メタバース」のイメージ図=28日、メタ提供(EPA時事)

米国シリコンバレーニュース(最新10件)