挺身隊訴訟で21日に最高裁判決=徴用巡り5年ぶり―韓国 2023年12月08日 20時31分

 【ソウル時事】戦時中に女子勤労挺身(ていしん)隊員として徴用された韓国人女性3人と遺族1人が三菱重工業を相手取り、賠償を求めた訴訟の上告審で、韓国最高裁が今月21日に判決を言い渡すことが8日、分かった。元徴用工や挺身隊員を巡る訴訟の最高裁判決は2018年以来5年ぶり。
 一、二審では原告が勝訴。光州高裁は18年12月、1人当たり1億~1億5000万ウォン(約1100万~1650万円)の賠償を命じ、三菱重工側が上告していた。原告の元挺身隊員3人は既に亡くなっている。 

海外経済ニュース