米の対アジア安保、日韓がカギ=中国のロ支援に懸念―国務副長官候補 2023年12月08日 09時14分

米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官=3月21日、ソロモン諸島ホニアラ(AFP時事)
米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官=3月21日、ソロモン諸島ホニアラ(AFP時事)

 【ワシントン時事】米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は7日、上院外交委員会の指名公聴会で、中国の覇権主義的な行動を念頭に「日本と韓国が歴史問題を乗り越えて未来への協力に重点的に取り組めば、アジアの安全保障の構造は変化する。それが米国の目標だ」と語った。バイデン大統領はキャンベル氏を国務副長官に指名している。
 キャンベル氏は、7日(日本時間8日)が旧日本軍による真珠湾攻撃から82年になるのを踏まえて、中国を視野に「インド太平洋地域で戦略的な不意打ちの可能性を常に警戒している」と指摘。その上で「(現在の)日本は世界の舞台で最も重要な同盟国であり、パートナーだ」と述べた。
 中国については、ウクライナ侵攻を巡って「ロシアを支援していることを懸念している」とも明言。北朝鮮の核開発に関しては、「米国との外交にもはや関心がないようだ。それは(日米韓の)抑止力強化の重要性を意味する」との見方を示した。 

海外経済ニュース