ガザ「即時停戦」決議案を配布=UAE作成、あす採決へ―国連安保理 2023年12月08日 09時06分

7日、ニューヨークで記者団の取材に応じるパレスチナのマンスール国連大使(中央)
7日、ニューヨークで記者団の取材に応じるパレスチナのマンスール国連大使(中央)

 【ニューヨーク時事】パレスチナのマンスール国連大使は7日、イスラエルとイスラム組織ハマスの双方に「人道目的の即時停戦」を求める安保理決議案を各理事国に配布したと明らかにした。安保理筋によると、8日午前(日本時間9日未明)に開かれるパレスチナ自治区ガザの情勢に関する緊急会合で採決する。
 ただ、親イスラエルの米国は「現時点で(安保理決議は)役に立たない」との考えを示しており、採択は困難な情勢との見方がある。
 決議案は非常任理事国のアラブ首長国連邦(UAE)が作成した。ガザが「壊滅的な人道状況にある」と深い懸念を表明。人道支援の確保や、ハマスが拘束する全ての人質の即時かつ無条件の解放も要求した。 

海外経済ニュース