対北朝鮮、日米韓が最適の枠組み=オスプレイ事故「信頼築く機会」―米高官 2023年12月07日 19時10分

7日、東京都内で記者団と懇談する米国家安全保障会議(NSC)のラップフーパー・インド太平洋部長
7日、東京都内で記者団と懇談する米国家安全保障会議(NSC)のラップフーパー・インド太平洋部長

 米国家安全保障会議(NSC)のラップフーパー・インド太平洋部長は7日、東京都内で記者団と懇談し、北朝鮮とロシアの連携について「質においても速度においても、実に憂慮すべき形で進展している」と警戒感を示した。その上で、情勢を注視している日米韓3カ国の枠組みで対処するのが最適だと強調した。
 ラップフーパー氏は「北朝鮮とロシアの技術面、政治面での協力を大変危惧している。インド太平洋地域をひどく不安定化させる恐れがある」と指摘。「新たに出現した緊密な関係に対抗するには、米日韓3カ国の枠組みが最適だ」と述べた。
 墜落事故を受けて米軍が輸送機オスプレイ全機の飛行を一時停止したことに関しては、「念のための措置だ」と説明。米軍は可能な限り日本側と情報を共有しているとし、「(墜落は)大変痛ましい事故だが、日本の友人と引き続き信頼を築く機会にもなっている」と語った。 

海外経済ニュース