42団体・個人に制裁=ロシアの軍需産業支援で―米商務省 2023年12月07日 10時09分

 【ワシントン時事】米商務省は6日、ロシアの軍需産業を支援したとして、同国の企業など42団体・個人について、米製品や技術の輸出を事実上禁止する制裁対象に加えたと発表した。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの圧力を強める。
 同省によると、ロシア企業を含む11団体などは、ロシアとイランによるドローンの共同開発・生産に関与した。このほか、軍事利用できる米国の電子部品などを不正に調達した企業や、経済制裁を回避するために書類を改ざんしたり、情報を提供したりした個人も制裁対象にした。 

海外経済ニュース