「水掛け祭り」、無形文化遺産に=タイ正月の伝統行事―ユネスコ 2023年12月07日 05時36分

タイの伝統行事ソンクラーンで水を掛け合う人々=4月13日、バンコク(AFP時事)
タイの伝統行事ソンクラーンで水を掛け合う人々=4月13日、バンコク(AFP時事)

 【バンコク時事】タイ首相府によると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)は6日、アフリカ南部ボツワナで開いた政府間委員会で、タイ正月を祝う伝統行事ソンクラーンを無形文化遺産に登録することを決めた。「水掛け祭り」として知られる行事で、外国人観光客にも人気となっている。
 ソンクラーンは毎年4月13~15日の3日間に行われる。年間で最も暑くなる時期で、仏像や年長者に敬意を込めて水を掛ける風習がある。近年は繁華街の路上などで水鉄砲を使って水を掛け合うイベントが盛り上がりを見せている。 

海外経済ニュース