米FTC、セブンを提訴=通告せず買収、制裁金113億円 2023年12月05日 15時37分

米連邦取引委員会(FTC)のビル=ワシントン(EPA時事)
米連邦取引委員会(FTC)のビル=ワシントン(EPA時事)

 【ニューヨーク時事】米連邦取引委員会(FTC)は4日、米セブンイレブンが当局に事前通告せずにガソリンスタンドを買収したとして、同社と親会社のセブン&アイ・ホールディングスを首都ワシントンの連邦地裁に提訴したと発表した。取り決めに違反したと判断し、最大7700万ドル(約113億円)の制裁金を求めている。
 セブン&アイは2017年、米国での収益強化を目指し、スノコ社(テキサス州)からガソリンスタンドを併設するコンビニエンスストア約1100店を買収する計画を公表した。特定の地域で店舗を取得する際、FTCに事前通告するなどの条件を受け入れ、18年に買収手続きが完了した。寡占が進み、燃料の販売価格が高騰することに懸念を示したFTCに配慮した形だ。
 しかし、訴状によると、セブンイレブンはFTCに届け出ずに南部フロリダ州内の既存店を買収し、20年に営業を始めたとされる。店舗は既に売却した。セブン&アイは「この問題が迅速かつ公正に解決されるべく引き続き対処していく」などとコメントした。 

海外経済ニュース