米政権、年末に予算枯渇と警告=ウクライナ支援中断に危機感 2023年12月05日 01時04分

米行政管理予算局(OMB)のヤング局長=5月30日、ワシントン(AFP時事)
米行政管理予算局(OMB)のヤング局長=5月30日、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】米政府は4日、議会指導部宛てに書簡を送り、ロシアの侵攻が続くウクライナへの軍事支援を行うための政府予算が年末までに枯渇すると警告した。その上で、ウクライナ支援の継続に向け、緊急予算を承認するよう呼び掛けた。
 行政管理予算局(OMB)のヤング局長がジョンソン下院議長らに書簡を送った。バイデン政権は10月、ウクライナに加え、イスラエルなどへの支援のため、約1060億ドル(約16兆円)に上る緊急予算を議会に要求。だが、共和党の保守強硬派の反対で審議は難航している。
 ヤング氏は書簡で、対ウクライナ軍事支援を担保する予算が尽きても「その瞬間に対応できる資金を生み出す『魔法のつぼ』は存在しない」と指摘。支援が滞れば「ロシアの軍事的勝利の可能性が高まる」と警鐘を鳴らした。 

海外経済ニュース