周庭氏、カナダに滞在=香港民主活動家「一生戻らない」 2023年12月04日 06時47分

民主活動家の周庭氏(左)=2019年8月、香港(AFP時事)
民主活動家の周庭氏(左)=2019年8月、香港(AFP時事)

 【香港時事】香港の民主活動家、周庭氏(27)は3日、SNSへの投稿で、留学のためカナダ・トロントに滞在していることを明らかにした。9月に香港を離れたといい、「恐らく一生戻ることはない」と説明。当初は今月中に戻る予定だったが、「香港の状況や自身の安全、心身の健康を考慮した」という。
 3日は周氏の誕生日。周氏は2019年に香港で起きた反政府デモを巡り、違法集会を扇動した罪などで20年12月に禁錮10月の実刑判決を受けた。21年6月に出所後は公の場に姿を見せず、言論活動も控えていた。
 この間、パスポートを没収され、香港を離れることができなかった。定期的に当局に出頭する必要があり、心の病も重なって「心身は非常に不安定な状態」だったという。カナダ留学は今年に入ってから決意した。 

海外経済ニュース