ボリショイ劇場トップ更迭=反戦理由か、後任にゲルギエフ氏―ロシア政府 2023年12月01日 19時03分

ロシアのボリショイ劇場=6月12日、モスクワ(EPA時事)
ロシアのボリショイ劇場=6月12日、モスクワ(EPA時事)

 ロシア政府は1日、バレエやオペラの殿堂であるモスクワのボリショイ劇場のウラジーミル・ウリン総支配人(76)が退任し、後任にプーチン大統領と親交のある世界的指揮者ワレリー・ゲルギエフ氏(70)を充てる人事を発表した。
 ウリン氏は昨年2月のウクライナ侵攻開始直後、反戦を訴える書簡に署名。プーチン政権はこれを問題視し、更迭したもようだ。ロシアでは戦時下で文化人への締め付けが厳しくなっている。
 ゲルギエフ氏は、第2の都市サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で芸術監督兼総支配人を務めており、異例の兼任となる。同氏はウクライナ侵攻を非難せず、日本や欧米諸国の音楽界からほぼ追放されている。 

その他の写真

ロシアの指揮者ワレリー・ゲルギエフ氏(右)とプーチン大統領=2016年9月、モスクワ(AFP時事)
ロシアの指揮者ワレリー・ゲルギエフ氏(右)とプーチン大統領=2016年9月、モスクワ(AFP時事)

海外経済ニュース