中国、パレスチナ擁護の姿勢鮮明=「立場文書」発表、習氏が祝電 2023年11月30日 16時41分

中国の習近平国家主席=16日、米サンフランシスコ(AFP時事)
中国の習近平国家主席=16日、米サンフランシスコ(AFP時事)

 【北京時事】中国外務省は30日、パレスチナ問題解決に向けた「中国の立場」を説明する文書を発表した。パレスチナのイスラム組織ハマスとイスラエルの衝突に関し、停戦や民間人保護、国連安全保障理事会の主導による調停などを訴える一方、衝突のきっかけとなったハマスの対イスラエル越境攻撃には直接言及していない。
 文書は中国政府の基本的立場を包括的に示したもので、パレスチナに寄り添う姿勢を改めて鮮明にした。中国としては、パレスチナへの同情を示してアラブ・イスラム諸国との結束を強め、イスラエルを支持する米国への対抗軸を形成したい考えだ。
 中国外務省はまた、国連が定める29日の「パレスチナ人民連帯国際デー」に合わせ、習近平国家主席が祝電を送ったと明らかにした。パレスチナの独立国家樹立を「中国は一貫して固く支持している」と強調し、パレスチナへの人道・開発援助を継続すると表明。対話による紛争解決を訴えた。 

その他の写真

29日、ニューヨークの国連本部で記者団の取材に応じる王毅共産党政治局員兼外相
29日、ニューヨークの国連本部で記者団の取材に応じる王毅共産党政治局員兼外相

海外経済ニュース