対ウクライナ支援の継続確認=中国による威圧警戒―NATO外相会合 2023年11月29日 06時13分

28日、ブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)外相会合(AFP時事)
28日、ブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)外相会合(AFP時事)

 【ブリュッセル時事】北大西洋条約機構(NATO)は28日、ブリュッセルで2日間の日程で外相会合を開き、ロシアの侵攻を受けるウクライナへの支援継続で改めて一致した。また、中国による周辺地域への威圧的行動が「NATOに及ぼす影響について、明確な認識を持たなければならない」と警戒を強め、日本を含むインド太平洋諸国との協力強化を確認した。
 ストルテンベルグ事務総長は初日の最終討議前に記者会見し、ドイツやオランダなど加盟国によるウクライナ追加支援への歓迎を表明。「(ウクライナ)支援を緩めないというメッセージをロシアに送ることになる」と述べた。
 中国に関しては、軍の近代化や南シナ海近辺での威圧的行動が、NATOの安保にも影響すると指摘。「(中国が)ロシアとの協力を一層緊密にしている」と懸念を示した。NATOは来年夏の首脳会議に向け、中国への対応を巡り協議を深めていく方針だ。 

海外経済ニュース