大統領次男、公開証言を要求=共和は非公開求める―米弾劾調査 2023年11月29日 05時21分

バイデン米大統領の次男ハンター氏=7月26日、デラウェア州ウィルミントン(EPA時事)
バイデン米大統領の次男ハンター氏=7月26日、デラウェア州ウィルミントン(EPA時事)

 【ワシントン時事】バイデン米大統領の次男ハンター氏は28日、バイデン氏の弾劾調査に絡む下院監視・説明責任委員会による召喚について、公開の公聴会での証言を条件に応じる考えを弁護士を通じて伝えた。米メディアが報じた。共和党主導の同委は来月13日に非公開での証言録取を求めているが、ハンター氏側は事実関係がゆがめられる恐れがあるとし、駆け引きが続いている。
 コマー委員長(共和)に宛てた書簡で、ハンター氏の弁護士は「あなたはやりとりが非公開であることを利用して事実をねじ曲げ、国民に誤った情報を伝えてきた」と指摘。「従って(証言の)公開を提案する」と通告した。
 これに対しコマー氏は「ハンター氏は自分のルールでプレーしようとしている」と非難。まず非公開で聞き取りを行った後、別の日にハンター氏が公開の場で証言することは可能だとの考えを示した。 

海外経済ニュース