「持続可能な燃料」で大西洋横断=民間機で世界初―英ヴァージン 2023年11月29日 05時14分

「持続可能な航空燃料(SAF)」で大西洋横断に飛び立つ英航空大手ヴァージン・アトランティックの大型旅客機=28日、ロンドン・ヒースロー空港(EPA時事)
「持続可能な航空燃料(SAF)」で大西洋横断に飛び立つ英航空大手ヴァージン・アトランティックの大型旅客機=28日、ロンドン・ヒースロー空港(EPA時事)

 【ロンドン時事】英航空大手ヴァージン・アトランティックは28日、廃食油などを原料とする「持続可能な航空燃料(SAF)」を100%使用した大型旅客機をロンドン―ニューヨーク間で飛ばしたと発表した。化石燃料を一切使わない民間機の大西洋横断は世界初という。
 英メディアによると、50トンのSAFを積んだボーイング787型機が同日、ヒースロー空港からジョン・F・ケネディ空港に向けて飛び立った。試験飛行のため一般の乗客はおらず、ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏(73)やハーパー英運輸相らが搭乗した。 

海外経済ニュース