OPECプラス、減産幅拡大か=30日に方針決定―ロイター報道 2023年11月28日 09時41分

記者会見に臨むOPECプラスの各国代表=2022年10月、オーストリア・ウィーン(AFP時事)
記者会見に臨むOPECプラスの各国代表=2022年10月、オーストリア・ウィーン(AFP時事)

 【ロンドン時事】ロイター通信は27日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」が、原油の減産幅の拡大を検討していると報じた。供給を引き締めることで、下落基調にある原油価格を下支えする狙い。30日に開く閣僚級会合で最終的な生産方針を決定する。
 ロイターによると、OPECプラスの関係者は「グループ全体としてのさらなる削減」という選択肢が出てくると述べた。ただ、追加減産を求めるサウジアラビアと、一部のアフリカ諸国の間で生産水準を巡る意見の相違があり、当初26日だった閣僚級会合は30日に延期された経緯がある。 

海外経済ニュース