豪産マンゴー、日本市場に照準=規制撤廃と夏冬逆転生かす 2023年11月27日 07時06分

旬を迎えたオーストラリア産マンゴー=23日、シドニー郊外
旬を迎えたオーストラリア産マンゴー=23日、シドニー郊外

 【シドニー時事】オーストラリアが日本へのマンゴー輸出拡大を図っている。検疫上の理由による品種規制がこのほど撤廃されたことや、日本と夏冬が逆転している南半球の地の利を生かし、日本を「成長の可能性を秘めた市場」(豪農水省)と位置付けて売り込む考えだ。
 豪産マンゴーの生産量は年間約7万トン。うち1割程度が輸出され、ニュージーランド、シンガポール、中国(香港含む)が主要輸出先だ。1990年代に始まった対日輸出は、病害虫の懸念からリスクの低いケンジントン種など5品種に限られてきたが、今年、新たな国際基準を適用した蒸気消毒でリスクを克服できることになったとして、全品種に門戸が開かれた。
 豪産マンゴーの旬は南半球の夏に当たる11~2月ごろ。この時期は北半球の日本国内産、東南アジア産、メキシコ産などとあまり競合しないため、豪州にとっては絶好の商機となる。豪州で人気のある赤い皮のカリプソ種や黄金色のハニーゴールド種なども規制撤廃で日本に出回ることになりそうだ。
 ワット農相は「豪州の園芸産品にとって日本は優先度の高い市場だ。品種規制の撤廃は他の作物の市場アクセス拡大にも道を開くだろう」と強調。マンゴーを突破口に対日輸出の品目を増やすことに意欲的だ。 

海外経済ニュース