戦車供与「スピードと量が重要」=長距離ミサイル、航空機も要請―ウクライナ大統領 2023年01月26日 09時40分

ウクライナのゼレンスキー大統領=24日、キーウ(キエフ)(AFP時事)
ウクライナのゼレンスキー大統領=24日、キーウ(キエフ)(AFP時事)

 【ワルシャワ時事】ウクライナのゼレンスキー大統領は25日夜のビデオ演説で、米国とドイツが供与を決めた主力戦車について、「今、重要なのはスピードと量だ」と述べ、十分な量の戦車を早期に引き渡すよう促した。その上で長距離ミサイルなどの提供も訴えた。
 ゼレンスキー氏は「(必要なのは)軍の訓練のスピード、ウクライナへの戦車供給のスピード、戦車支援の量だ」と強調。「戦車の拳をつくらなければならない。独裁者を二度と立ち上がらせないように打撃を与える自由の拳だ」と語った。
 また、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と25日に話したことも明らかにし、「ウクライナへの長距離ミサイルの供給を解禁しなければならない」と要請。「航空機供与の実現も必要だ」と呼び掛けた。さらに、「前線の英雄が世界からより多くの防衛支援を受け取れるほど、ロシアの侵攻はより早く終わる」と語った。 

海外経済ニュース