海底パイプライン、30年に完成=仏スペイン間で水素輸送 2022年12月10日 07時56分

9日、スペイン・アリカンテで同国のサンチェス首相(左)と記者会見に臨むフランスのマクロン大統領(EPA時事)
9日、スペイン・アリカンテで同国のサンチェス首相(左)と記者会見に臨むフランスのマクロン大統領(EPA時事)

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は9日、スペイン南東部アリカンテで同国のサンチェス首相とポルトガルのコスタ首相と会談し、スペイン北東部バルセロナと仏南部マルセイユを結ぶ海底パイプラインを2030年までに完成させる方針で3国が合意したと発表した。再生可能エネルギーによる電力で作る「グリーン水素」を輸送する計画で、年間200万トンの輸送を見込む。設置費用は25億ユーロ(約3600億円)に上る。
 ロイター通信によれば、ポルトガルとスペインを結ぶパイプラインも建設予定で、2本のパイプラインを活用しイベリア半島で作られた水素を欧州大陸全体に輸送することが可能となる。 

海外経済ニュース