江沢民氏の遺体火葬=6日に追悼大会―中国 2022年12月05日 20時28分

江沢民元国家主席=2012年(AFP時事)
江沢民元国家主席=2012年(AFP時事)

 【北京時事】中国で11月30日に死去した江沢民元国家主席の遺体が5日、革命烈士が眠る北京市郊外の八宝山革命公墓で火葬された。国営新華社通信が伝えた。習近平国家主席や李克強首相が墓地まで護送したほか、胡錦濤前国家主席も市内の軍病院で見送った。
 新華社によれば、習氏らは5日午前10時、病院で江氏を追悼。その後墓地まで付き添い、江氏の親族らと共に最後の別れを告げた。
 国営中央テレビは、胡氏が時折係員の介添えを受けながら、江氏の親族に言葉を掛ける様子を放映した。胡氏は10月の共産党大会の閉幕式を中途退席し、体調不良説のほか、習氏の新指導部人事に不満を表明したという臆測が飛び交った。
 江氏の追悼大会は6日午前、北京の人民大会堂で行われる。習氏が主任委員を務める葬儀委員会は当日に関し、公共の娯楽活動の停止のほか、全国民に3分間の黙とうをささげるよう求めている。 

海外経済ニュース