風紀警察「廃止」言及=デモ長期化で配慮か―イラン 2022年12月04日 18時52分

イランで拘束中に死亡したマフサ・アミニさんの写真を掲げ、イラン女性の自由を求めるトルコのデモ=11月26日、イスタンブール(EPA時事)
イランで拘束中に死亡したマフサ・アミニさんの写真を掲げ、イラン女性の自由を求めるトルコのデモ=11月26日、イスタンブール(EPA時事)

 【イスタンブール時事】イラン検察は4日までに、国民の服装を街頭で監視する風紀警察の「廃止」に触れ、取り締まりの在り方を見直す姿勢を示した。現地メディアが報じた。国内で風紀警察の振る舞いに反発する抗議デモが長期化する中、当局側が一定の配慮を示したものとみられる。
 イランでは9月16日、スカーフの「不適切な着用」を理由に連行された22歳の女性が風紀警察の拘束下で不審な死を遂げた。これに反発する抗議行動は全土に拡大し、強権的なイスラム体制の打倒を求める声も噴出した。 

海外経済ニュース