プーチン氏と「話す用意」=ウクライナ侵攻終結模索なら―米大統領 2022年12月02日 05時32分

1日、ワシントンのホワイトハウスで、共同記者会見後に握手を交わすバイデン米大統領(右)とフランスのマクロン大統領(AFP時事)
1日、ワシントンのホワイトハウスで、共同記者会見後に握手を交わすバイデン米大統領(右)とフランスのマクロン大統領(AFP時事)

 【ワシントン時事】バイデン米大統領とフランスのマクロン大統領は1日、ホワイトハウスで会談し、ロシアが侵攻を続けるウクライナへの支援を必要な限り継続していくことで一致した。バイデン氏は会談後の共同記者会見で、ロシアのプーチン大統領が侵攻終結を模索するなら、「私はプーチン氏と話す用意がある」と述べた。
 バイデン氏は会見で、「戦争を終わらせる方法はウクライナから(ロシアが)撤退することだ」と強調。ただ、プーチン氏は侵攻終結を模索しておらず、「問題は彼が現状からどう脱したいかだ」と述べ、会談を行うかどうかはプーチン氏の決断次第だとの考えを示した。
 バイデン氏は交渉に臨む場合、「私だけで行うことはない」と語り、北大西洋条約機構(NATO)加盟国などと協議して話し合いを進めると強調。同盟国の意向を尊重する姿勢を示した。また、プーチン氏と近いうちに接触する予定はないとも明らかにした。
 マクロン氏は停戦協議を巡り、「受け入れられない妥協をウクライナに迫ることは決してしない」と指摘。協議入りの条件を決めるのはウクライナのゼレンスキー大統領であると説明した。 

海外経済ニュース