仮想通貨融資企業が破綻=FTX連鎖、負債最大1.4兆円 2022年11月29日 06時24分

FTXトレーディングのロゴマーク(AFP時事)
FTXトレーディングのロゴマーク(AFP時事)

 【シリコンバレー時事】暗号資産(仮想通貨)の融資を手掛けるブロックファイは28日、米裁判所に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。負債総額は最大100億ドル(約1兆4000億円)規模に上る恐れがある。今月に経営破綻した仮想通貨交換業大手FTXトレーディングと関係が深く、信用不安が波及した。
 裁判所提出資料によると、債権者は10万人超、資産と負債はいずれも10億~100億ドル。ブロックファイは声明で「FTXがブロックファイに対して抱える債務の回収に注力する」と説明した。 

その他の写真

米連邦破産法11条の適用を申請した暗号資産(仮想通貨)融資企業ブロックファイのロゴ=28日(ロイター時事)
米連邦破産法11条の適用を申請した暗号資産(仮想通貨)融資企業ブロックファイのロゴ=28日(ロイター時事)

海外経済ニュース