米国人2人の釈放協議=ロシア回答まだ―臨時代理大使 2022年11月28日 18時00分

在ロシア米大使館のエリザベス・ルード臨時代理大使=7月14日、モスクワ郊外ヒムキ(EPA時事)
在ロシア米大使館のエリザベス・ルード臨時代理大使=7月14日、モスクワ郊外ヒムキ(EPA時事)

 在ロシア米大使館のエリザベス・ルード臨時代理大使は、麻薬密輸などの罪で実刑判決を受けた米女子プロバスケットボールリーグ(WNBA)のブリトニー・グライナー選手ら、ロシアで収監中の米国人2人の釈放に向けて「特別なチャンネル」で協議していることを明らかにした。
 国営ロシア通信が28日、ルード氏のインタビュー内容を伝えた。米側が提案したが、ロシア側からの「真剣な回答」はまだないという。
 特別なチャンネルの詳細は不明だが、米中央情報局(CIA)のバーンズ長官とロシアのプーチン大統領の最側近であるナルイシキン対外情報局(SVR)長官による今月14日のトルコの首都アンカラでの協議などを指している可能性がある。 

海外経済ニュース