ロ軍、ザポロジエ原発「撤退」も=ウクライナ企業トップ証言 2022年11月28日 05時53分

ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁=9月9日、キーウ(AFP時事)
ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁=9月9日、キーウ(AFP時事)

 ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁は27日、ロシア軍が南部ザポロジエ州で占領しているザポロジエ原発から撤退する兆候が見られると明らかにした。「準備している」とは言えると地元メディアに証言した。
 同原発は欧州最大規模で、ロシア軍が2月下旬の侵攻開始から間もなく制圧した。前線に当たるドニエプル川の南岸に位置することから原発への砲撃が相次ぎ、双方が相手側の仕業と非難の応酬を繰り広げていた。
 コティン氏は「原発から撤退すべきだとか、国際原子力機関(IAEA)に管理を移すべきだとか、ロシアメディアで盛んに報じられている」と説明。「今後荷物をまとめ、手当たり次第に略奪して去る印象がある」とも指摘した。
 一方で、撤退が今すぐかどうかを予想するのは「時期尚早だ」と強調。「ロシアはザポロジエ原発に兵器、要員、武器・爆発物を載せたとみられるトラックを入れ、敷地には地雷を敷設している」と警戒を促した。
 ロシアのプーチン大統領は10月、同原発を「国有化」する大統領令に署名。その後、IAEAのグロッシ事務局長が訪ロしてプーチン氏と直接会談し、原発周辺の「安全・保護区域」設置を呼び掛けていた。
 本格的な冬を前に戦況はこう着しつつある。ロシアにとっては、国際的な非難を浴びる中、国営原子力企業ロスアトムの職員を派遣して管理するのが重荷になっている可能性がある。ロシア軍は秋以降、ウクライナの民間インフラを攻撃しており、電力網を寸断させる心理戦の方が有効と判断しているもようだ。
 ロシア軍は侵攻開始直後に北部キーウ(キエフ)州のチェルノブイリ原発も占領したが、約1カ月で撤退した。 

海外経済ニュース