米長期金利、3.9%台=12年5カ月ぶり高水準 2022年09月27日 07時30分

 【ニューヨーク時事】週明け26日のニューヨーク債券市場では、長期金利の指標である10年物米国債の利回りが一時3.93%に上昇し、2010年4月以来、12年5カ月ぶりの高水準を記録した。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は先週の連邦公開市場委員会(FOMC)で、3会合連続となる0.75%の大幅利上げを決定。この日もFRB高官から利上げに積極的な姿勢を示す発言が続いた。政策金利に連動しやすい2年物米国債利回りは一時4.36%を付け、07年8月以来、15年ぶりの高水準となった。 

海外経済ニュース