ロシア、日本領事を拘束=「金銭提供で情報入手」 2022年09月27日 00時37分

ロシアの情報機関「連邦保安局(FSB)」本部ビル=ロシア・モスクワ(AFP時事)
ロシアの情報機関「連邦保安局(FSB)」本部ビル=ロシア・モスクワ(AFP時事)

 ロシア連邦保安局(FSB)は26日、違法な情報活動に従事したとして、在ウラジオストク日本総領事館の領事を拘束し、「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」としたと発表した。日本人外交官の拘束は極めて異例だ。
 FSBは「ロシアとアジア太平洋地域の1カ国との協力、欧米の制裁による極東の経済状況への影響に関する非公開情報を、金銭を提供することで入手した」と主張した。ロシア外務省は声明で、在ロシア日本大使館幹部を呼んで抗議したと発表。拘束された領事に対し、48時間以内の国外退去を通告したと明らかにした。 

海外経済ニュース