23年の世界成長率、2.2%に下げ=物価高や利上げで―OECD予測 2022年09月26日 20時42分

 経済協力開発機構(OECD)は26日、最新の経済見通しを発表し、2023年の世界の成長率を2.2%と、6月の前回予測から0.6ポイント引き下げた。根強いインフレ圧力に加え、世界的な利上げも景気を冷やし、「個人消費や設備投資が悪影響を受ける」と警告した。今年の成長率は3.0%に据え置いた。 

海外経済ニュース