米ボーイング、285億円支払いへ=墜落事故でSECと和解 2022年09月23日 09時45分

 【ニューヨーク時事】米証券取引委員会(SEC)は22日、米航空機大手ボーイングの旅客機墜落事故後の情報公開をめぐり、同社とミューレンバーグ前最高経営責任者(CEO)がそれぞれ2億ドル(約285億円)と100万ドルを支払うことで両者と和解したと発表した。SECは両者が事故に関して投資家を欺いたと認定した。
 ボーイングの新型旅客機「737MAX」は2018~19年に2件の墜落事故を起こし、乗客乗員計346人が死亡した。 

海外経済ニュース