「ロシア軍は原発撤退を」=仏ウクライナ首脳が会談 2022年08月17日 06時25分

フランスのマクロン大統領=7月27日、ベナン南部コトヌー(AFP時事)
フランスのマクロン大統領=7月27日、ベナン南部コトヌー(AFP時事)

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は16日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談し、同国のザポロジエ原発への砲撃が続いていることに懸念を表明した上で、ロシア軍に対して原発からの撤退を訴えた。仏大統領府が発表した。
 マクロン氏はまた、原発の安全確保に向けて、国際原子力機関(IAEA)による現地訪問を支持する意向を伝えた。 

海外経済ニュース