サドル師の国会解散要求拒否=「権限ない」と司法当局―イラク 2022年08月15日 05時15分

イラクの首都バグダッドで、国会前に集結したイスラム教シーア派指導者サドル師の支持者ら=12日(EPA時事)
イラクの首都バグダッドで、国会前に集結したイスラム教シーア派指導者サドル師の支持者ら=12日(EPA時事)

 【カイロ時事】イラクの司法部門を統括する最高司法評議会は14日、声明を出し、同国のイスラム教シーア派指導者サドル師が要求した国会解散について、同評議会には「立法や行政に介入する権限がない」として拒否した。イラクのメディアが伝えた。
 サドル師の支持者らは7月30日に国会を占拠し、現在も周囲に居座り続けている。同師は国会を解散しなければ「革命家たちは別の態度を取る」と主張。13日には具体的日付を示さず「平和的な百万人の抗議」を呼び掛けており、さらなる混乱が生じる可能性がある。 

海外経済ニュース