米超党派議員団が訪台=中国の圧力下、蔡総統と会談へ 2022年08月14日 21時46分

14日、台湾北部の桃園国際空港に到着したエド・マーキー米上院議員(左)(台湾外交部提供・時事)
14日、台湾北部の桃園国際空港に到着したエド・マーキー米上院議員(左)(台湾外交部提供・時事)

 【台北時事】台湾外交部(外務省)は14日、米上下両院の超党派議員団が台湾を訪問したと発表した。15日まで滞在し、蔡英文総統と会談する予定。ペロシ米下院議長の訪台に反発した中国が台湾への軍事的圧力を強める中、台湾に対する米議会の支持を重ねて示した形だ。
 外交部によると、議員団は米上院外交委員会のエド・マーキー議員(民主)ら5議員。台湾立法院(国会)の外交・国防委員会なども訪れ、米台の安全保障や経済貿易関係について議論する見通しだ。ペロシ氏に続く米議員団の訪問について、外交部は「中国の脅迫を恐れない友情と、米国の強力な支持を表している」と歓迎した。 

その他の写真

14日、台北の空港に到着した米議員団=台湾外交部(外務省)提供(AFP時事)
14日、台北の空港に到着した米議員団=台湾外交部(外務省)提供(AFP時事)

海外経済ニュース