ツイッターがデータ提供=マスク氏、買収完了へ前進―米紙報道 2022年06月29日 08時29分

米実業家イーロン・マスク氏=2021年8月、ドイツ・ブランデンブルク州(EPA時事)
米実業家イーロン・マスク氏=2021年8月、ドイツ・ブランデンブルク州(EPA時事)

 【シリコンバレー時事】米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は28日、簡易投稿サイトを運営する米ツイッターが、同社買収を計画する米実業家イーロン・マスク氏に利用者の投稿に関するデータを提供したと報じた。マスク氏は偽アカウントの比率を精査するとして買収を保留し、データ提供を要求していた。ツイッターがこれに応じたことで、買収が一歩進んだことになる。
 ツイッターはマスク氏に、日々の膨大な投稿に関するデータ閲覧を認めた。ただ同紙は、マスク氏が短時間で検証することは困難との専門家の見解も伝えており、買収完了には時間がかかる可能性がある。 

海外経済ニュース