著名活動家の初公判、非公開=国家政権転覆罪―中国 2022年06月23日 17時28分

 【北京時事】中国で法治や人権擁護の実現を目指す「新公民運動」の中心人物で、国家政権転覆罪に問われている人権活動家の許志永氏(49)の初公判が22日、山東省の裁判所で開かれた。香港紙・明報が23日、伝えた。同紙によれば公判は非公開で、親族の傍聴も認められなかった。判決は後日言い渡される。
 中国の人権派弁護士グループは22日、裁判の公開や傍聴の許可、拘束中に拷問が行われていないか調査することなどを求める声明を発表していた。
 許氏は2019年末に福建省で政治集会に参加した後、20年2月に広東省広州市で拘束された。湖北省武漢市で新型コロナウイルス感染が広がった際には、「感染状況を隠蔽(いんぺい)し国家的な災難を招いた」として、習近平国家主席の「退位」を促す文章を発表していた。 

海外経済ニュース