広島平和式典招待されず反発=「日本はナチと組んだ」―ロシア大使 2022年05月25日 23時56分

ロシアのガルージン駐日大使=2月25日、東京(AFP時事)
ロシアのガルージン駐日大使=2月25日、東京(AFP時事)

 ロシアのガルージン駐日大使は25日、ウクライナ侵攻を受け、広島市が8月6日の平和記念式典にロシアやベラルーシの代表を招待しないと明らかにしたことについて、「自称反核運動の指導者」による「恥ずべき措置」と反発した。通信アプリ「テレグラム」で声明を発表した。
 声明は「ロシアがウクライナでの核兵器使用をもくろんでいるというばかげた作り話」が被爆地・広島で拡散されていると非難。軍事作戦では「非ナチ化」を進めているとした上で、「まさにこのナチズムと同盟を組んだことが、1945年に日本という国全体を襲った破局の原因の一つ」だと主張した。 

海外経済ニュース