中ロ共同飛行、両国も発表 2022年05月24日 21時38分

 ロシア国防省は24日、ロシアのTU95爆撃機と中国のH6爆撃機が日本海と東シナ海上空で「共同パトロール」を同日行ったと発表した。中国国防省によれば、両軍機は西太平洋上空も飛行した。
 ロシア国防省は「国際法に厳密に従って行動し、外国領空の侵犯はなかった」と説明。「2022年の軍事協力計画の枠組みの中で行われており、第三国に向けられたものではない」と主張した。ロシア爆撃機の飛行時間は約13時間で、スホイ戦闘機も随行したという。 

海外経済ニュース