ロシア軍、陸海司令官解任か=陥落マリウポリで投降続く―ウクライナ 2022年05月19日 18時17分

18日、ウクライナ南東部マリウポリを走り回るロシア軍の車両(AFP時事)
18日、ウクライナ南東部マリウポリを走り回るロシア軍の車両(AFP時事)

 【イスタンブール時事】英国防省は19日付のウクライナ戦況報告で、ロシアがここ数週間で陸海両軍それぞれの高位の司令官を解任したと指摘した。2月24日に始まったウクライナへの本格侵攻で十分な戦果を出せなかったのが理由という。軍事作戦をめぐっては、プーチン大統領が細かい戦術決定に関与しているとの見方もあり、ロシア軍は困難な状況に陥っているようだ。
 一方、ロシア軍が事実上陥落させたウクライナ南東部マリウポリでは、ウクライナ部隊が抵抗拠点としていたアゾフスタル製鉄所からの兵士の投降が続いている。ロシア軍の19日の声明によると、16日以降、計1730人が親ロシア派武装勢力の支配地域などに移送された。 

その他の写真

18日、ウクライナ南東部マリウポリに展開するロシア兵たち(AFP時事)
18日、ウクライナ南東部マリウポリに展開するロシア兵たち(AFP時事)
18日、ウクライナ南東部マリウポリの破壊された住宅(手前)とアゾフスタル製鉄所(奥)(AFP時事)
18日、ウクライナ南東部マリウポリの破壊された住宅(手前)とアゾフスタル製鉄所(奥)(AFP時事)

海外経済ニュース