米、ロシア国債の利払い阻止も=デフォルト懸念強まる―財務長官 2022年05月19日 00時45分

 【ワシントン時事】イエレン米財務長官は18日、訪問先のドイツで記者会見し、米国人にロシア国債の利払いの受け取りを認める猶予措置について「継続する可能性は低い」と述べ、今月25日の期限を延長しない可能性を示した。ロシアはウクライナ侵攻後、ドル建て国債の利払いを続けてきたが、今回の措置で支払い手段が断たれ、デフォルト(債務不履行)に陥るリスクが高まりそうだ。
 イエレン氏は「ロシアがデフォルトに陥ったとしても、ロシアの状況に大きな変化をもたらすとは思わない。ロシアは既に世界の資本市場から切り離されている」と語った。 

海外経済ニュース