不動産税の準備着手へ=導入意向は初めて―中国・アモイ市 2022年01月28日 20時28分

 【北京時事】中国福建省アモイ市政府は28日、不動産税(固定資産税)の試験導入に向けた準備作業に着手する方針を明らかにした。昨年秋に不動産税の試験実施が決まって以降、導入の意向を示したのは同市が初めてとみられ、今後、同様の動きが広がる可能性もある。
 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は昨年10月、住宅価格の高騰などに対処するため、一部地域を対象に不動産税を試験的に実施する方針を決定。ただ、具体的な地域名には触れていなかった。 

海外経済ニュース