佐渡金山推薦中止を要求=登録阻止に全力―韓国外務省 2022年01月28日 19時31分

佐渡金山の手堀り跡「道遊の割戸」=2021年11月、新潟県佐渡市
佐渡金山の手堀り跡「道遊の割戸」=2021年11月、新潟県佐渡市

 【ソウル時事】韓国外務省は28日、報道官声明を出し、日本政府が「佐渡島(さど)の金山」を世界文化遺産候補として推薦する方針を決めたことに対し「強い遺憾」を表明し、「このような試みを中断することを厳重に求める」と強調した。また、崔鍾文外務第2次官が相星孝一駐韓大使を呼び抗議した。
 韓国政府は世界遺産の登録阻止に全力を挙げ、各国に強く働き掛けていく見通しだ。5月の新政権発足を前に、元徴用工問題などに加え、さらなる日韓対立の火種を抱えることになった。
 声明は「佐渡島の金山」について「第2次世界大戦時の韓国人(朝鮮半島出身者)強制労働被害の現場」と主張した。 

海外経済ニュース