中国、「ゼロコロナ」緩和必要=有効なワクチン接種も―IMF 2022年01月28日 17時05分

新型コロナウイルスの検査に並ぶ住民の傍らで消毒に当たる作業員=9日、中国・天津(EPA時事)
新型コロナウイルスの検査に並ぶ住民の傍らで消毒に当たる作業員=9日、中国・天津(EPA時事)

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は28日公表した中国経済の年次審査報告書で、新型コロナウイルス感染を厳しい行動制限で封じ込める「ゼロコロナ政策」について、個人消費に打撃を与えるとして、緩和する必要があるとの見解を示した。また、変異株にも効き目があるコロナワクチンの接種が求められると提言した。中国では国産ワクチンが普及している。
 IMFは中国の成長率が2022年に前年比4.8%と、21年の約8%から大幅に減速すると予想。厳格なコロナ対策に伴う低調な個人消費や不動産部門の不振が響くと見込んだ。その上で、中国経済には「大きな下振れリスクが残っている」と明言した。 

海外経済ニュース