ネハンマー内相が新首相就任へ=オーストリア与党決定 2021年12月03日 21時25分

3日、ウィーンで、記者会見に臨むオーストリアのネハンマー内相(AFP時事)
3日、ウィーンで、記者会見に臨むオーストリアのネハンマー内相(AFP時事)

 【ベルリン時事】オーストリアの中道右派与党・国民党は3日、ネハンマー内相(49)を党首に選出することを決めた。これにより、大統領による任命を経て、ネハンマー氏が新首相に就任することになった。
 ネハンマー氏は軍に所属した経験があり、不法移民に厳しい姿勢で知られる。ただ、同様に移民に強硬なクルツ前首相と距離があるという。ネハンマー氏は記者会見で、党首就任について「光栄だ」と述べた。
 クルツ氏は10月、メディアとの癒着疑惑を受けて首相を辞任。国民党党首にとどまっていたが、今月2日に党首を含むすべてのポストを辞し、政界を引退すると発表した。クルツ氏の後任に就いていたシャレンベルク首相も2日、「首相と党首は同一人物が担うべきだ」として、新党首が決まり次第、首相を辞めると表明していた。 

海外経済ニュース