前監査院長が出馬表明=対日関係「政治利用せず」―韓国大統領選 2021年08月04日 16時51分

4日、韓国の京畿道・坡州市で、大統領選への出馬を表明する最大野党「国民の力」の崔在亨前監査院長(崔在亨氏陣営提供)
4日、韓国の京畿道・坡州市で、大統領選への出馬を表明する最大野党「国民の力」の崔在亨前監査院長(崔在亨氏陣営提供)

 【ソウル時事】来年3月の韓国大統領選に向け、保守系最大野党「国民の力」の崔在亨前監査院長(64)が4日、オンラインで出馬表明した。その後の記者会見で、日韓関係の悪化について「外交を政治的目的で利用した両国の態度に起因する点があるのではないか。外交は外交で解決すべきだ」と強調した。
 元徴用工問題に関し「(日本企業に賠償を命じた韓国の)最高裁判決を尊重し従うべきだ」と述べる一方で、「両国の協定と基準、韓国政府が過去に元徴用工への補償に関する法律を施行したことを踏まえ解決しなければならない」と指摘。最高裁判決と日韓請求権協定を両立させる考えを示した。 

海外経済ニュース